アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

身長が低い小柄なメンズほど、大きいクラッチバッグがオススメ。

ファッションを考えるうえで「小物」の存在は欠かせません。

メガネ・時計・バッグ類など、コーディネートの節々に変化をつけてくれる小物は洋服よりも目立つことが多い。

そこで、オシャレ要素を足せる小物の1つ「クラッチバッグ」について書きます。

クラッチバッグの便利な点

クラッチバッグは肩紐がついてない小ぶりなバッグです。リュックやトートバッグのなかに補助で入れることもあるため「セカンドバッグ」とも呼ばれます。

ビジネスや結婚式等で使われることが多いため、大人びたアイテムとして分類されます。

肩紐がないことで、リュックやショルダーバッグなどと比べるとコーディネートの邪魔をしにくいアイテム。
荷物が少なくてすむちょっとした用事で出かけるときに便利です。

クラッチバッグの不便な点


引用 http://zozo.jp/sp/shop/nanouniverse/goods/30700641/?did=53980083

クラッチバッグの不便な点は荷物がほとんど入らないこと。

ポケットの数が多ければ小物を取り出しやすいとはいえ、ノートPCや幾つかの機材を持ち運びたい人にとってはそもそも使う機会が少ないでしょう。

実際僕は着こなしとして使うことはありますが、クラッチバッグだけで出かける機会はほとんどありません。

オシャレと機能性というのは両立するのがとても難しいもの。
たとえば革靴の方が大人びた着こなしになるとはいっても、歩きやすさはスニーカーの方がダントツだったりと、一長一短です。

「何よりも機能性重視!」という方にはあまりオススメしきれないバッグではあります。

小柄男性のクラッチバッグは大きめがオススメ


今回の記事で使っているバッグは厳密にいうとトートバッグです。
これを半分に折り畳んでクラッチバッグとして使っています。

そんなクラッチバッグですが、小柄な男性が身につける際に注意したい点があることに気づきました。

クラッチバッグの大きさです。



上の2つの着こなし、ジャンルは違いますが、小さいクラッチバッグを持っているほうは少し違和感を感じませんか?

クラッチバッグはバッグの中でも小さい小物ですが、相対的に顔が大きく見えてしまうデメリットがあります。

顔が大きく見える=頭身が低く見えることに繋がり、シルエットが悪くなってしまいます。



引用 https://www.pinterest.com/

身長の高い方の場合はそこまで気になりません。

もともと頭身が高いため、クラッチバッグがあったとしても、そこまでシルエットは崩れないからです。

身長が低くて顔が大きいというのは非常に不利であり、そこを埋めるためには"小物の大きさ"は注意すべきです。


そのため、同じく小さいバッグなサコッシュについても極力大きいものを選ぶのがいいです。

全体のバランスを考えたときに、小さすぎる小物はカジュアルさ(ラフ、子供っぽい)を加速させてしまいます。

バッグ類を選ぶときは、自分の体型に合った大きさのものを選ぶようにしてみてください。


✳︎このブログはファッションブロガーMBさんの理論「ドレスとカジュアルのバランス」を参考にしています。
www.neqwsnet-japan.info

「低身長・顔が大きい・限られたお金しかない」というファッションでの悩み。
それでもオシャレに見せることはできるということを、MBさんの理論をベースに自分自身の経験から書き、
自分と同じような悩みを抱えている人のチカラ・希望になりたいと考えています。


LINE@をやってます。
ブログなどの更新をお知らせします。体型の悩みなど、質問を送っていただければ回答します。

友だち追加