アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

頭・顔が大きい人でもかぶれる!ベレー帽はCA4LAがオススメ。

「帽子」というのは様々なデザインのものがあります。キャップ、ハット、ニット帽、キャスケットまで、同じジャンルでも微妙な違いがあっておもしろいもの。

ただ、気に入ったデザインのものを見つけても「自分には似合わないなぁ」と感じることがあるかと思います。その原因の1つが「サイズ」の問題。他人はかぶれるのに自分は顔が大きいからかぶれないという経験のある方もいると思います。

そこで今回紹介するベレー帽。
比較的安く手に入るにもかかわらず、大きさも十分あり、とても使いやすいアイテムです。

大きくて助かる。これに尽きる

ブランド:CA4LA
アイテム: NISHINOMIYA BIG BERET2
値段:7120円(+税)
サイズ: 直径26.5cm/頭周り57~60cm
https://store.ca4la.com/item4549087684926

紹介するのはCA4LAのベレー帽です。


ベレー帽に限らず、帽子類をかぶるときは大きさが非常に重要です。
小さすぎると頭まわりが窮屈になり、せっかく服の着こなしを考えても、帽子だけで違和感が強くなってしまうんです…。


たとえばこの画像でつけているベレー帽。

ギリギリのサイズでかぶっていることがわかるでしょうか?かぶったときにある程度のゆとりがないとパツパツになり、不恰好な見ためになります…。

一方でCA4LAのベレー帽は大きめにつくられていて、かぶったときにゆとりができます。

このベレー帽を見つけるまで、知り合いやWEARのオシャレさんがカッコよくかぶっているのを眺めては「自分がかぶれるベレー帽なんてこの世に1つもないに決まってる!」とふてくされていました。


僕は自分より顔の大きい方に会った記憶がありません。たまに「言うほど大きくないよ」と言ってくれる方がいますがそんなことはない。僕の顔は間違いなく大きいのです。


その僕がかぶれるベレー。この記事を読んでくれている方も間違いなくかぶれます。



ちなみに大きさ以外の特徴としては、文字が彫られた革の装飾があること。

前に出して見せても、後ろに向けて隠してもOK。顔まわりの装飾は小顔効果や視線誘導などとても重要なので、結構使えるポイントです。

「マンガ家」に見えるのはヒモのせいじゃない


昔ながらのベレー帽には必ずついているのがこのヒモ状の装飾。「チョボ」といいますが、これは切ってしまう方が多いようです。

「チョボがあるとマンガ家を連想させてしまう。それを避けるために切っている」という理由でしょうか。

ただ正直なところ、わざわざ切る必要はありません。
チョボをとってしまうと、かぶったときに頭が平坦になってしまうので、ノッペリとして違和感が出るからです。ベレー帽本来の形を楽しみたいという想いもあります。


「でもそのままだとマンガ家のイメージがつくんじゃないの?」と思う方。
マンガ家のイメージがついてしまうのはチョボよりもかぶり方そのものが原因です。


超有名なマンガ家おふたり。

彼らに共通するのは髪を帽子の中にしまってオデコを見せている点。このかぶり方そのものがマンガ家に見えてしまう主な原因です。
(おふたりがオシャレじゃないという意味ではありません)


それを解消する方法は髪の毛をしまわないこと。


http://wear.jp/einekleine0310/11594006/

メガネをかけてベレー帽をかぶっているので手◯先生そのものという組合せですが、髪の毛を出すことで違いをだしています。


ちなみに僕が髪の毛をしまった場合はこんなふうになります↓↓

人が見たときにどう思うかはとりあえず置いといて、僕自身はこのかぶり方がとても苦手です。昔からおでこが広いことを気にしているので、極力見せたくないからです。ニット帽でも同じことを考えます。


おでこを出す面積を減らせばまだマシなんですが↓↓

✳︎ほんの少しだけ狭くしてます

それでもやっぱり自分で気になってしまうんです…。だから普段は髪の毛を出したかぶり方をしています。

髪の毛を出す量・ベレー帽の角度の両方を考えないといけないので難しいのですが、マンガ家と言われたくない・おでこが気になるという方には髪の毛を出すことをオススメします。


これは帽子に限ったことでありませんが、人が大丈夫だよといってくれたとしても自分自身が気になる場合、無理して人と同じことをする必要はありません。

ベレー帽を試すならCA4LA。"餅は餅屋"


これまでベレー帽を試したくても勇気が出なかった方。頭・顔が大きくても余裕をもってかぶれるこの帽子は本当にオススメです。


CA4LAは帽子のみを取り扱っている日本のハットメーカー。アウター・パンツから靴まで扱う洋服ブランドと比べると、帽子へのこだわりの深さが違います。"餅は餅屋"です。
www.ca4la.com

できれば1度店舗に足を運んでみてほしいです。
いろんな形の帽子が置いてあるので、ベレー帽以外のお気に入りアイテムを見つけることができるかもしれません。

ちなみに似たような形のベレー帽も展開があるので、あらかじめ型番を覚えておくといいです。大きさ・形が若干違います。型番は「TAM01927」です。


…と書いたものの、確認したらオンラインストアの在庫が切れてしまっていました。
店舗に在庫があるかもしれないので、気になる方は問い合わせてみてください。
store.ca4la.com


✳︎このブログはファッションブロガーMBさんの理論「ドレスとカジュアルのバランス」を元に書いています。

MBさんの理論を小柄で童顔で顔が大きい自分が使ってもオシャレになれるのか?
いわゆるMB論の活かし方、注意すべきポイントなどを考えていきます。

自分の体型に自信がない、ファッションについて悩みを抱えている方の参考になれれば幸いです。


✳︎ドレスとカジュアルのバランスとは
ジャケット・シャツ・革靴など冠婚葬祭に使う「ドレスアイテム」と、Tシャツ・デニム・スニーカーなどラフな「カジュアルアイテム」のバランスを7:3前後に調整するという考え方です(通称ドレカジ、MB論)。

より詳しく知りたい方はMBさんのブログをご覧ください↓↓
www.neqwsnet-japan.info



LINE@をやってます!
ブログなどの更新をお知らせします。ユニクロ・GUなどのブランドについてなら、質問を送っていただければ回答します。

友だち追加