アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

童顔にジャケットが似合わない?そんなときは小物を使ってバランスを整えよう。

「自分にはジャケットが似合わない」
そう感じる方はいませんか?

ジャケットは着るだけで一気に大人びた印象をつくれる優れたアイテムですが、なかなか着る勇気が出ないという方もいると思います。

そんなときは「小物」のチカラを借りてみましょう。オススメなのが「メガネ」です。

メガネをかけて童顔を克服する


http://wear.jp/einekleine0310/11943212/

まずは着こなしの説明から。

ジャケット・スラックスというビジネスライクな大人びた組合せ。そこにグレーのニット・スニーカーにリュックを入れることで「キメすぎ」にならないよう調整しています。

「セットアップ」とも呼ばれるジャケット・スラックスの合わせ。この組合せのメリットはトップスと靴だけ変えれば無限にコーディネートを考えられるという点です。

今回のように、グレーのニットとスニーカーで少しカジュアル(ラフ・子供っぽい)に寄せたり…


カジュアルなTシャツに革靴を合わせて調整したり(この画像はコットンパンツですが…)。


パーカーやキャップを使うなども考えられます。

ニットやTシャツを他のハデな色に変えたとしても、革靴を使えばそのぶん大人びた要素をプラスできるのでバリエーションが豊富です。


とはいえ「自分は童顔だからジャケットを着ると背伸びしてるようで浮いてしまう」と悩むこともあるでしょう。
そんなときに便利なのがメガネです。

メガネをかけると顔の幼さが解消されます。
ジャケットの大人っぼさに顔を近づけることができるわけです。

数千円のもので構いません。フチが極力目立たないメガネをかけるだけで顔の印象は変わります。

ジャケットを脱いでもメガネが効いてくる

メガネはジャケットを脱いだときにも印象を変えることができます。

屋内でジャケットを脱ぐ機会があると思いますが、当然脱いだぶんだけ服装はカジュアルに寄ります。
けれどメガネをかけていれば大人っぽさがキープできます。顔まわりの印象はとっても重要です。


またメガネは首元に引っかけるだけでも効果があります。
この場合、メガネがない状態だとグレーのニットの面積が大きくパジャマ寄りに見えますが、黒いアイテムがあることで全体を引きしめる効果がはたらきます。

ネックレスなどをかけるのもアリですが、好みでサッとしまえることを考えるとメガネはとても便利です。


ということで、ジャケットというよりメガネの効果についての記事でした。
小物は1つひとつは小さいですが、全体で見たときに大きく印象を変えることができます。

秋冬よりもシンプルな服装になる春夏。小物のチカラを借りてバリエーションを増やしてみるのがおもしろいでしょう。

小柄・童顔・顔が大きい男のブログ

このブログはファッションブロガーMBさんの理論「ドレスとカジュアルのバランス」を元に書いています。

MBさんの理論を小柄で童顔で顔が大きい人が使ってもオシャレになれるのか?
いわゆるMB論の活かし方、注意すべきポイントなどを考えていきます。

自分の体型に全く自信がない、ファッションについて悩みを抱えている方の参考になれれば幸いです。


✳︎ドレスとカジュアルのバランスとは
ジャケット・シャツ・革靴など冠婚葬祭に使う「ドレスアイテム」と、Tシャツ・デニム・スニーカーなどラフな「カジュアルアイテム」のバランスを7:3前後に調整するという考え方です(通称ドレカジ、MB論)。

より詳しく知りたい方はMBさんのブログをご覧ください↓↓
www.neqwsnet-japan.info



LINE@をやってます!
ブログなどの更新をお知らせします。ユニクロ・GUなどのブランドについてなら、質問を送っていただければ回答します(返信が遅くなることがあります…)

友だち追加


Twitterアカウントは下にあるボタンからとべます 。フォローお待ちしてます!