アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

メンズが使えるおすすめサコッシュ。小柄な男性はコーデにサコッシュを使ってみよう!

コーディネートに色を足す簡単な手段の1つに「サコッシュ」があります。コートの内側・外側に肩がけすることで、地味になりがちな冬の着こなしに変化をつけてくれる便利なアイテムです。

ただこのサコッシュ、通販サイトなどで探せば多くのブランドから出てることがわかりますが、ありすぎてどれを選べばいいかわからないもの。
そこで先日見つけたRAGEBLUEの使いやすいサコッシュと、それを使った着こなしを紹介します。

1.色を足すならナイロン素材

http://wear.jp/einekleine0310/11594006/

こちらがサコッシュを使ったコーディネート例です。
冬の着こなしはロングコートに細身のパンツなど型が大体決まってしまうため、コートの色を変えても同じような着こなしになってしまうことが多いと思います。サコッシュを取り入れると、簡単に色とシルエットに変化をつけられるので便利です。


今回オススメしたいRAGEBLUEのサコッシュ↓↓

ブランド:RAGEBLUE
アイテム:ナイロンツイルサコッシュ
値段:1,350円(税込)
http://zozo.jp/sp/shop/rageblue/goods-sale/22774536/?did=42698686

ナイロンでできたこのサコッシュ、セールで50%オフになり在庫が残っていますがとても使いやすいアイテムです。

サコッシュは「子供のおつかい?」と女性から突っ込まれることがあるようですが、その原因の1つに素材が考えられます。コットンなどの素材のものだと、より子供っぽくなりおつかい感が増します。

そこでオススメしたい素材がレザーやナイロン。
レザーは大人びた印象を与えてくれますし、ナイロンはシワがでにくいのでどちらも合わせやすくなります。

僕が買ったサコッシュはナイロン素材。ナイロンは発色がよいのが特徴なので、今回のワインレッドの色が嫌味なく出て適度なアクセントになっています。


ショルダー部分の素材も光沢があるナイロンを使っているのが効いてます。肩がけしているので見える機会は少ないですが、ここが安いコットン・ポリエステルなどでできているとガチャベルトのように子供っぽく見えてしまうからです。



引用 ttp://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402808?color=24&size=999

ところでサコッシュといえばユニクロUでオレンジのサコッシュが展開されています。

こちらもナイロン素材で色がハッキリと出ているのでアクセントにはなるんですが、ここまで派手な色だとどうしても抵抗があるという方もいるはず。今回のワインレッドであれば冬の季節に合う落ち着いた色合いなので、取り入れやすいでしょう。

2.形・大きさは身長との相性を考える


引用 ttps://etoffe.net/item/2008015


引用 ttps://jetparkdresscouncil.blogspot.jp/2017/08/nhoolywood-yoshidapu.html?m=1

サコッシュを選ぶときに重要な要素は本体の形・大きさです。

斜めがけすることでよりカッコよくきまりやすいサコッシュですが、小さすぎると角度をつけても変化が出づらくなります。また、大きすぎると服装全体に対してしめる割合が広くなり、上に書いたおつかい感が強くなってしまいます。

RAGEBLUEのサコッシュは縦19.5cm × 横27cm。身長162cmの僕にはこの大きさが適してました。市場には縦長のサコッシュもありますが、斜めがけ・身長とのバランスを考えると横長のモノがベストです。

3.サコッシュは体型隠しに使える

サコッシュを肩がけする高さですが、特に小柄な男性には腰位置で使うことをオススメします。

今回の着こなし、いつもなら黒いパンツを使うところをあえてインディゴのデニムを合わせています。上下の服が同じ色であれば脚の長さがわかりづらくなりますが、色数が少ないと地味だと感じることも多いはず。でも短足がバレるのはイヤだから結局黒スキニーに落ち着いてしまう。

サコッシュはこのようなトップスとボトムスが違う色の場合に絶大な効果があります。サコッシュが腰位置にかかることで脚がどこから始まっているのかわかりづらくなるので、短足をごまかせます。

白Tシャツを重ね着した上でさらにサコッシュを掛けてるので、コートを着ても脱いでも体型をキレイに見せることができます。

4.色の「明るさ」を合わせると馴染みやすい

コートと合わせた今回の着こなしですが、コートとサコッシュの「明るさ」を意識すると違和感なく合わせることができます。

使ってるコートはユニクロUのブロックテックコートで暗めのピンクベージュ、サコッシュもワインレッドと暗めの色です。色数が増えるとカジュアル(子供っぽい)に寄ってしまいますが、このように暗い色同士を合わせるだけで全体でまとまって見えます。
(つまりこのサコッシュは暗い色である黒のコートとも合わせやすいということです)

難しく考えず「暗い色・明るい色同士を合わせる」だけで大丈夫です。


サコッシュを使って鮮やかな色を足している着こなしを見かけますが、見ているときはカッコイイなぁと思っても、いざ自分がやろうとするとなかなか勇気が出ないものです。

落ち着いた色合いのもの同士の組合せなら、サコッシュに挑戦するハードルが下がります。新しい着こなしをするときは思い切りも必要ですが、初めは手のつけやすいアイテムを選んで徐々に慣れていくというのがイイです。

サコッシュに限らず、トレンドアイテムは段階を踏んでとことんまでハードルを下げて取り入れてみてください。


以上、サコッシュを使った着こなしの紹介でした。
サコッシュは前々から欲しいなと思いつつ、納得のいくアイテムを見つけられずに中々挑戦できないジャンルでした。このRAGEBLUEのサコッシュ、入門編としてオススメなので是非チェックしてみてください。


http://zozo.jp/sp/shop/rageblue/goods-sale/22774536/?did=42698686

小柄・童顔・顔が大きい男のブログ

このブログはファッションブロガーMBさんの理論「ドレスとカジュアルのバランス」を元に書いています。

MBさんの理論を小柄で童顔で顔が大きい人が使ってもオシャレになれるのか?
いわゆるMB論の活かし方、注意すべきポイントなどを考えていきます。

自分の体型に全く自信がない、ファッションについて悩みを抱えている方の参考になれれば幸いです。


✳︎ドレスとカジュアルのバランスとは
ジャケット・シャツ・革靴など冠婚葬祭に使う「ドレスアイテム」と、Tシャツ・デニム・スニーカーなどラフな「カジュアルアイテム」のバランスを7:3前後に調整するという考え方です(通称ドレカジ、MB論)。

より詳しく知りたい方はMBさんのブログをご覧ください↓↓
www.neqwsnet-japan.info



LINE@をやってます!
ブログなどの更新をお知らせします。ユニクロ・GUなどのブランドについてなら、質問を送っていただければ回答します(返信が遅くなることがあります…)

友だち追加


Twitterアカウントは下にあるボタンからとべます 。フォローお待ちしてます!