アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

2000円という安さで買えるパシオスのロングアウター。

小柄で顔が大きい自分にとって、ロング丈のアウターは欠かせないアイテムです。

肩幅が広がることで顔をなるべく小さく見せ、キレイなYライン(上が広く、下が細い)をつくることで身長をなるべく高く錯覚させることができる、着てないと落ち着かないもの。

ただ、暑いのか寒いのか・晴れてるのか雨が降っているのかわからないこの半端な季節にチェスターコートなどの厚手アウターを着るのは季節感に欠けます。というか暑い。


そこで最近の季節にピッタリな2000円で買えるロングアウターを紹介します。



パシオスという店で買ったロング丈のニットカーディガンです。




もともとプチプラのあやさんという方がブログで紹介されていたものです。

lineblog.me




主にベージュが紹介されていましたが、実物を見たところ色味が明るくレディース感が強めだったため、ベージュは断念。
代わりに黒を試着したところ、レディース感がそこまでなかったため、購入しました。



ミラノリブカーディガンといえばユニクロにもありました。パシオスは2000円という安さのため、流石にユニクロよりは質は劣ります。生地の密度に差を感じました。パシオスは若干生地が緩いです。
といってもそこまで気にならないレベルですが…。


レディースなのでボタンの配置が逆についていますが、黒一色のアウターでボタンも1つしかないためほとんど目立ちません。


それとこのカーディガン、裾にスリットが入っている点がいいです。




スリットがあることで身幅に少しゆとりができ、トップスのボリュームが広がりYラインが出しやすくなります。

アウターのサイズを上げれば身幅は広くなりますが、あまりに広すぎると明らかなオーバーサイズ感が出て不恰好になります。
身幅がフィットしてもスリットがあることで動いたときにゆるく広がってくれるので、バランスが取れます。
Tシャツなどでもスリットが入っていると適度なフィット感とゆるさを両立させられるので便利です。



今回Yラインシルエットをよりキレイに見せるため、まずインナーのニットをベージュにしました。
アウターの広さ+ニットの色の膨張で、トップス全体をより広く見せることを狙いました。

ベージュのニットを使ったのでどこかに近い色を入れようと考えていましたが、キャップを使うことにしました。
キャップとニットの色で挟むことで、顔の大きさを誤魔化す作戦です。


黒とベージュの2色で組んでますが、色はやりすぎない程度にリンクさせた方が浮かなくなります。時計とリュックにも近い色を足しました。


ところでこのパシオス、オンラインストアがないため実際に店舗で買うしか方法がありません。

僕は電話もせずに勢いで店に探しにいきましたが、欲しい場合は事前に店舗に問い合わせをした方がいいです。
ユニクロほど店舗数があるわけではないので見れない方もいると思いますが、とても使いやすいアイテムです。


型番:42 102(74)513-27

www.paseos.co.jp


ネットで「パシオス」と検索すると安っぽいという意見が出てきますが、店舗全体をみた感想としては正直その通りでした。
このニットカーディガン以外は買おうとは思えなかったです。
ただ、以前しまむらで厚みのある使えそうなスウェットパンツを見かけたことがあります。大きいサイズしかなかったので買いませんでしたが「〇〇ブランドは全部ダメ」ということはなさそうです。


誰かの付き添いで店内に入ることがあったら、掘り出し物があるかどうか探してみるのも手です。