アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

ファッションYoutuberげんじさんのブランドLIDnM(リドム)の商品を買って、質を確かめてみた。

ファッションYoutuberげんじさんという方がいます。

Youtubeのファッションジャンルでは最も知名度があると言っても過言ではない、10分以内の動画をほぼ毎日更新されている根気のあるゲチパネェ方です。


youtu.be




そのげんじさん、今年のはじめにクラウドファンディングを使い、そこで集まった支援金を元にご自身のブランドを立ち上げました。
ブランド名はLIDnM(リドム)

lidnm.com




扱っているアイテムはスキニーパンツからシャツ・ブルゾン・ライダース・ベルトその他アクセサリーなど多岐に渡り、値段はセレクトショップオリジナルより少し休めの価格帯。
黒スキニーは発売当初すぐに完売したという、まるでファッションブロガーMBさんのアイテムのような現象が起きていたようです。


実際のところ、LIDnMのアイテムは質がイイのか?
それを確かめたかったので、最も手頃な価格帯であるロングベルトを購入しました。

LIDnM/シルキーナイロンロングベルト グレー

http://lidnm.com/items/58e9e50b1f43753ef100f78b


購入したのはグレーです。
他にブラウンなどもありましたが、僕の手持ち服に黒・グレー・ネイビーなどダークトーンが多いことから「この色なら使いやすいのでは?」と思い選びました。


手にとってまず思ったのは異常なまでの光沢。

LIDnMの商品画像は全体的に明るい場所で撮影されているものが多いため、そんなに光沢はないのではと疑っていました。
ただ、実際見るとどの角度から見てもちょっと恐いくらい光沢がある仕様。




バックル・先端が金属でデザインはガチャベルトと似ていますが、この光沢のおかげで安っぽく見えることはありません。

ベルトの全長140cmはスキニーパンツ・ワイドパンツのどちらにも対応できる長さになっています(スキニーのときは短く、ワイドパンツのときは長く垂らす方がキレイに見えやすいです)

幅2.5cmは一般的なガチャベルトよりも細身なので適度な主張ができるシルエットです。



と、ここまでがアイテム単体を見た感想です。
次に手持ちの他ブランド品と比較します。



比較①ユナイテッドトウキョウ/リングベルト ネイビー

http://bit.ly/2wOYSqY


まずは手に入りやすい価格帯のユナイテッドトウキョウのリングベルト。
✳︎URLは商品リンクです。


両者を比較するとベルト帯の厚み・幅はほぼ同じです。
ただ、よく見ると違う点があります。帯の表面です。






ユナイテッドトウキョウが立体的に見えるのに対し、LIDnMはノッペリとしています。
厚みは同じにもかかわらず、触ったときのハリは圧倒的にユナイテッドトウキョウが上です。





LIDnMは折り曲げると元の形に戻るのに時間がかかりますが、ユナイテッドトウキョウはすぐに元に戻ります。
光沢があっても薄くてペラペラだと安っぽく見えるので、ユナイテッドトウキョウは工夫がされているようです。


それと、バックル・先端が金属と牛革であることが見た目の大きな違いです。
ユナイテッドトウキョウは経年変化で牛革の色が変化します。使用して約2ヶ月、大気に触れることが多い先端側は段々と濃くなってきています。




洋服にさして興味がない方からすれば「経年変化なんてどうでもいいじゃん?」と思うでしょう。
僕は経年変化に全く興味がなかったのですが「あれ?色が変わってる!買ってからもう2ヶ月経つのかぁ」と愛着が湧き、まんまと経年変化の魅力に取り憑かれてしまいました。


金属のLIDnMには経年変化はありません。
ガチャベルトのデザインを踏襲してるのでそもそも規格が違うわけですが、ハリ・経年変化の点でユナイテッドトウキョウの方が魅力的です。


比較②NL(ニール)/LILY.N レッド

http://bit.ly/2hQPEod


値段が高くなりますが、NLのロングベルトとの比較です。
✳︎URLは商品リンクです。








帯がナイロンであることは共通ですが、こちらも表面の立体感が違います。編み方がユナイテッドトウキョウよりさらに細かいです。またNLはLIDnMの1.5倍の厚みがあります。


帯の柔らかさは同じですが、厚みの違い→重さが加わり、ストンと落ちるいわゆる落ち感があるため綺麗なシルエットになります。
落ち感があることで歩いたときにベルトが前後左右に揺れにくくなり、動いていてもキレイなシルエットが出来上がります。






NLはユナイテッドトウキョウ同様に、バックル・先端が牛革です。購入して1ヶ月なので色の変化はほとんどありませんが、革が柔らかく変化してきました。こちらもバックルより先端の変化がわかりやすいです。



この経年変化の影響で、はっきり言ってNLへの愛着はハンパじゃないです。
デニムや革製品を「育てる」という表現を使う方がいますが、まさにその状態。身につけて楽しむ・触って楽しむ・眺めて楽しむ、色違いで購入したくなる魅力がNLにはあります。


残念ながらLIDnMにはそこまでの愛着が持てません…。



アイテムの魅力とサイトの説明不足


結局何が言いたいかというと、LIDnMのベルトは単純にオシャレアイテムとしてはイイですが、毎日でも使いたいと思わせるような「細部へのこだわり」が欠けていました。


知人にこのベルトを見せたところ「LIDnMは説明不足で、中高生とか何もわからない学生を騙してるようで嫌い。これも安っぽい」と言っていました。

僕はそこまで安っぽいとは思いませんが、実物をよく見れば細部が甘いつくりであることはファッション歴1年たらずの僕でもわかりますし、実際に毎日使いたいとは感じない。


知人の指摘通り、サイトの説明も不十分です。というよりもいちいち調べなければわからない素材名・加工名が載っていたりと「なんだかわからないけどイイ商品なのかな…?」と煙に巻かれたような状態になります。


また写真から素材の品質を見分けることが難しいです。

屋外の光が強い場所で撮られている写真が多く「盛っているのでは?」と思ってしまいました…。
今回はナイロンベルトを試しで買いましたが、これがレザーベルトやライダースなど素材の違いが出やすいものになると買う人は減ってくるでしょう。
僕よりも圧倒的にファッションに詳しいMBラボの他のメンバーはまず買わないでしょうね。


ナイロンベルトが1620円と格安なのでそもそも他のベルトと比較すること自体フェアではないですが、もう少し写真から実物の品質がわかるようにしてほしいです。
(もちろん写真詐欺なブランドは多数ありますが、これだけ注目されているのでそこをしっかりしてほしいなと)



それでもLIDnMは続けてほしい

LIDnMを否定するようなことが多くなってしまいました。
ただ、これらは素材の品質という点での話です。


げんじさんは「MB論のパクり」「デザイン盗作」など疑惑や炎上が多いですが、実際に若い層から支持され、信用があるのは事実です。
ほぼ毎日動画をあげて、ディスりのコメントにめげずに配信を続けていらっしゃるのを僕は尊敬しています。

パクり・盗作疑惑に対して明確にコメントしてほしいとは思っていますが、そんなものは真相がどうだろうと僕にとっては芸能人の不倫並に関係ないことです。


これについては僕にファッションを教えてくれる通称Aさんも同じことを言ってました。

げんじさんを信用して、返品不可にもかかわらず商品を買う人達がいる。その人達が届いた商品を使ってファッションを楽しむ。
結局のところ、日本人がもっとファッションに興味を持ってオシャレになるならそれでイイんです。


だからLIDnMは続けてほしいです。
その方が日本人がファッションを楽しむことができるわけですから!







でもね、これだけはやめてほしい。





箱を開けてこうなってると感動も何もなく、結構ショックです。
「LIDnM」とロゴの入った何かで梱包してください…。