アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

晩夏から秋まで使えるアウター①ユニクロのサテンブルゾン。

8月中旬にもかかわらず、意外と真夏っぽさを感じないので、アウターを羽織る機会がチラホラあります。

なので、今日紹介するのはユニクロが出した薄手のアウター「サテンブルゾン」です。



www.uniqlo.com




今年の春にGUでも出ていたサテンブルゾン。ネイビーを購入していてお気に入りでした。
(着用画像見ると、いまより太ってますね…)

小松佑大@MBラボ|UNIQLOのTシャツ・カットソーを使ったコーディネート - WEAR




こちらもGU同様レディースアイテム。
GUの出来がよかった分、ユニクロにも期待してました。GUよりユニクロの方が生地や縫製がしっかりしてるイメージがあるので。


ただユニクロのサテンブルゾン、実際手にとって着てみるとGUとはつくりが違いました…。特に黒!


全店舗展開してるので見てほしいのですが、テカリ方が不自然で、黒はとてもじゃないけれど着こなせる自信がありませんでした。


ただ、その中でも1つ使える色がありました。ブラウンです。





買ったのはのはブラウンXLサイズです。
ブラウンといってもいわゆる茶色ではなく、光の当たり方によっては黒にもカーキにも見える特殊な色合いです。


この特殊な色合いのおかげで、妙に安っぽいつくりのサテンブルゾンがちょっとオシャレに見えます。
(写真で伝えきれない!)



小松佑大@MBラボ|UNIQLOのブルゾンを使ったコーディネート - WEAR



✳︎サイズ
ユニクロ/サテンブルゾン/XL
ユニクロ/スーピマコットンT/M
ユニクロ/スラックス/ウエスト73cm
・GU/スエードタッチローファー/26cm(中敷で調整)


ブルゾンは基本的にショート丈なので、裾からTシャツが2,3cm見えているのが定番の着こなしです。HANESとユニクロのTシャツを持っていますが、今回はユニクロのスーピマコットンTを着てます。


スーツとは違いカジュアル寄りなアイテムであり、色も黒ではないため、せめてTシャツでツヤを出してキレイめ要素を足してます。


ところでこのサテンブルゾン、同じブルゾンであるMA-1と比べて1つ良い点があります。
それは襟を畳めること!







MA-1ブルゾンはジャケットなどと違い、襟が上向きに立っており、どうしても顔の大きさが目立ってしまいます。






一方サテンブルゾンは生地が薄く、ブルゾンにある比翼がないため、左右均等に襟を綺麗に畳むことができます↓↓





その結果、襟まわりにボリュームができ少しだけ小顔に見せることができます。


また今回ロングベルトを腰から垂らしています。
ブルゾン・Tシャツ・スラックス・革靴の組合せだけでもオシャレに見せることはできますが、少し地味です。


「街を歩けばMA-1」といえるほど2016年度はブルゾン着用率が高かったですから、完全にかぶる人がいてもおかしくありません。


そこでロングベルトです。
ベルトとブルゾンの色味を近づけ、ベルト先端の色シルバーを時計とバングルで拾うことで、全体をまとめつつアクセントを加えています。


ベルトを垂らす着こなしは街中でよく見かけると思いますが、色の合わせ方を意識している人は少ない。
人と同じようなものを使っても、細部にこだわることで、違う着こなしに見せることができます。


またブルゾンを肩がけするという方法もあります。



小松佑大@MBラボ|UNIQLOのブルゾンを使ったコーディネート - WEAR




肩かけスタイルは女性に多い着こなしですが、別に男性がやってはいけないという決まりはありません。

このブルゾンはよくよく見ると素材が安っぽいので、こうしてブルゾンの面積を小さくして誤魔化すこともできます。
ブルゾンの面積は小さくなりましたが、上半身は横に広がり軽いYライン(上が太く、下が細い)をつくれるため、同じアイテムでもシルエットを変化させることができます。


終わりに

ということでユニクロのサテンブルゾンを紹介しました。GUと同じつくりで出ていたら100%オススメできたのですが、使えることには変わりません。


レディース服を見ていると、たまにこういったおもしろいアイテムが目に入ってきます。

レディース服を着ることに抵抗がある方もいると思いますが、チラッと見るだけでも素材の違いや女性のトレンドアイテムなどを知る勉強になります。


あとユニクロレディースのとあるTシャツを買ったので、それを使った着こなしもやろうと思ってます。


ではまた。