アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

笑うホームレス、跳ぶブロガー。好きな服を好きなように着る。

マインドがやられると更新が減る小松です。


最近、私生活で笑う機会が減ったため何とかしようと思ってました。ブログは更新できないし、コーデも投稿できない自分が腹立たしくて仕方がない。


そこで、こと「笑い」に関して天才的な方を呼びました。ホームレス小谷さんです↓↓




MB論を使う人間と対極にいるスーパーカジュアルなこのお方。
50円で依頼を何でもやってくださるとのことなので去年の12月ぶり2回目のご対面。


撮ってもらったのはコチラです↓↓


http://wear.jp/einekleine0310/10563493/




先日ブログで書いた星ボタンに変えたプリントシャツ。これに合わせたテーマで靴をコンバースオールスターにし、ポーズを星にしました。


www.komaeinekleine.com





ふざけたポーズですが、着こなしそのものはバランスを考えてます。


インナーはHANESジャパンフィットTシャツのLサイズ。白インナーを見せることで黒の暑苦しさを軽減させています。

その際、シャツの上下からどれくらい白インナーが見えればいいか組合せを考えなければなりません。ネックの開き具合・丈の長さの両方を見て、最適なTシャツがHANESのLサイズでした。






ところで何でこんな訳のわからないことをしてるかというと、とことんまで服を着ることを楽しむためです。


この星ボタンもチープとかカジュアルに寄りすぎとか賛否両論ありましたが、結局のところ俺が好きだからいいの!という一言に尽きます。


僕はMB論を100%理屈通りに使っているわけではありません。自分がやりたい・着たいと思った服装を、できるだけ他人から受け入れてもらえるようにするためにMB論があるんです。


「ツヤが足りない」「シルエットがなってない」「カジュアルに寄りすぎ」
そんなことを毎日気にしてたら、日常を楽しむどころではありません。
(もちろんそれが楽しいという人はいるでしょうから、その方はそのままでいいでしょう)


ホームレス小谷さんは全身真っ赤のドカジュアルファッションですが、だからオシャレじゃないとかそんなこと考えるヒマもありません。
「うわ!目立つ!おもろ!」だからそれでいいんですよ。



それと普通のファッションブロガーは、アイテムについての深い考察・歴史とかキレイな着こなしとか、とにかくスタイリッシュな方が多いですが、僕はそれにこだわりがありません。

ともかく人が服を選ぶときのハードルを下げたい。いろんな楽しみ方を提示したい。


「たかがファッション」で人生楽しめます。
好きな服を人から受け入れられやすく着こなして、毎日を笑って過ごすことが最高の幸せだと思います。




笑えばなんとかなりまっせ。



yugamigachi.thebase.in