アイネクライネ

小柄な男のファッションブログ。ユニクロなどの安い服を使います。ファッション系サロン「MBラボ」メンバー。

ユニクロのシャツのボタンが安っぽいので、付け替えてオリジナルシャツにしてみた。

小柄ブロガー小松です。

 

以前からやりたかった「シャツのボタンの付け替え」をやりました。

 

 

ユニクロのボタンは安っぽい?

シャツのボタンというのはかなり目立つポイントです。

ボタンの色・素材・デザイン、ここがどうなっているかで全体の印象がガラリと変わってしまうものです。

 

質のイイ素材のシャツ出会ってもボタンの相性が悪いと一気に安っぽく見えて、ボタンだけが浮いてしまうんです。

 

f:id:pacino_heat1940:20170730213939j:plain

出典 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/183616?color=09&size=004&length=000

 

 

特に柄のついたシャツの時にそのチープさが出ます。

上のシャツは今年の2月に発売したユニクロUのブロードプリントシャツ。プラスチックボタンが使われていて、実物を見ると妙に安っぽく見えます。

 

幾何学的な模様(僕は勝手に「宇宙」と呼んでました)が絶妙でステキなのに、ボタン1つで全てが台無しになってしまう。服のパーツというのはビックリするほど全体に影響が出てしまうのまうものなんです...。

 

 

ボタンを変えると柄が引き締まる

ということで画像のシャツのボタンを変えようと思いユザワヤに向かいました。

ですがなかなかイイボタンが見つかりません。柄を際立たせるために黒やネイビーのボタンを大きさも変えてシャツにあててみましたが、どれをあててもしっくりこない。

 

40分くらい見ていて諦めようかと思っていたのですが、こんなものを見つけてしまいました。

 

 

 

f:id:pacino_heat1940:20170730215907j:plain

 

 

星ボタンです!

 

買った当初からユニクロUのシャツ・ニットを見て「宇宙だ宇宙だ」とツイッターで騒いでいた僕ですから、もうこれしかないと思い、ボタンを買いました。

 

ですがあまりにも不器用なので、自分でできず知人に頼みました...。その仕上がりがコチラ↓↓

 

f:id:pacino_heat1940:20170730220954j:image

f:id:pacino_heat1940:20170730221012j:image

 

 

星がまわりの霧模様のなかで程よいアクセントになって、柄と同化しました。

 

遠くから見るとこうなります↓↓

 

 

f:id:pacino_heat1940:20170730221234j:image

 

遠くからだと印象は薄くなるのですが、白のプラスチックボタンと比べるとかなり全体が引き締まります。

 

ボタン1個の値段が70円ほどなので、7個買っても500円。

僕の近所のお直し屋さんに頼むと1ボタンあたり300円かかるようですが、時間をかければ自分でできます。僕は人に頼んじゃいましたが…。

 

数百円の天然貝ボタンにすれば高級品に変わるとMBさんが書いていましたが、ボタンデザインがシャツと合っていれば安いものでも良くなるものです。

 

しかも自分で選ぶので、同じシャツでも人とかぶることがありません。

他人と同じ服を着たくないという人にはボタンの付け替えは最適です。新しい服を買うお金がない方は、ユザワヤでいいので是非探してみてください。

 

 

まとめ

というわけでシャツのボタンの付け替えでした。

 

・ボタンを変えると安っぽさが消える

・天然貝ボタンでなくても色・デザインで印象は変わる

・自分でできればボタン代500円しかかからない

 

 

僕より手先が不器用な人なんていないと思うので、ぜひ自分でやってみてください。

時計のベルト交換・タンクトップ染めをしたときにも思ったのですが、自分でアイテムに手を加えると愛着が湧きます。

 

僕は着るものは人と同じ服・違う服どちらでもイイと思ってますが、なにより「自分が好きな服」を着るのが一番です。

 

高い服を買わなくても、ファッションは楽しめますよ!

 

 

それではまた!